×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラジャイルの最新刊を無料立ち読みしたよ

フラジャイルで検索
フラジャイルで検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
>

フラジャイルの最新刊をスマホで無料立ち読み

フラジャイルのコミックをスマホで立ち読みしてみたよ。
今、長瀬智也が主演でドラマやってたよね。
これ、原作はものすごく人気があるんだって。
『マンガ大賞2015』の候補にもなったんだって。
そんなフラジャイルの最新刊を立ち読みしてみたら、
あらら、ほんのちょっとだけ?

ところで、「フラジャイル」のもともとの意味は
「壊れやすい」「もろい」「はかない」「かよわい」
いうことで、何でこれがタイトルなの?と思って
しまいますね。1巻から買って読み進めていけば
そのうちわかるんじゃないでしょうかね。

とにかく、このフラジャイル、癖のある、口の悪い
おまけに性格も悪い、けど優秀で自分が正しいと
思ったら相手を完膚なきまでにたたきのめす、と
いう自己主張ありまくりの病理医、岸京一郎が
主人公のコミックなんですねー。
「俺の言葉は絶対だ」とかね。

今、ebookjapanでは、このフラジャイルの1巻が
期間限定でまるまる立ち読みできちゃうんですよ。
「フラジャイル」をスマホで立ち読みするなら
ぜーったいebookjapan!

フラジャイルの最新刊の立ち読みはここから

▼   ▼   ▼
▼   ▼   ▼

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 (5)


「フラジャイル」に出てくる病理医ってそもそも何なの?

病理医とは、患者さんから採取した細胞や血液など
から病名を診断したり、不幸にも亡くなってしまった
患者さんの死因を究明したりする医師で、患者さん
と直接顔を合わせることはほとんどありません。

しかし、直接顔を合わせなくても、主治医(臨床医)
の治療方針を立てる上で重要な役割をはたして
います。いわば、「医師のための医師」ですね。

ですが、今、日本には約2300名しか病理専門医
がいないという状況なんだそうです。

その病理医を主人公にした「フラジャイル」を読んだ
若い世代が病理を目指してくれるといいですね。

フラジャイル最新刊を立ち読みするならebookjapan

▼   ▼   ▼
▼   ▼   ▼

フラジャイルで検索
フラジャイルで検索